ハザードマップ ~小菅ケ谷北公園は自然もいっぱい、危険もいっぱい!?~

⚠ハザードマップ⚠
(自然観察ゾーン・利用拠点ゾーン・散策の森ゾーン)

小菅ケ谷北公園は、自然を身近に感じられる、とても素晴らしい環境です。
しかし・・・そのためにわたしたちが考えてもみなかった様々な危険があるのです。
自然の驚異は、わたしたちにとって思わぬケガや事故が発生してしまう場合もあります。

職員一同、皆さまの安全を確保するため毎日巡回をし、注意を払っておりますが、
利用者の皆さまも十分ご注意くださいますよう、よろしくお願いいたします。

また紹介している情報以外にも様々な危険動物や危険個所、また未来に残しておきたい貴重な植物等が
ありますので、園内での散策や休憩のおりにはご注意ください<(_ _)>

 

自然観察ゾーンハザードマップ(H29年9月) (PDF)

 

散策の森ゾーンハザ-ドマップ(H29年4月)(PDF)

 

利用拠点ゾーンハザ-ドマップ(H29年4月) (PDF)

 

上図のハザードマップは更新していきます。
何かあった時や、気づいたことがあった場合は、随時追加していきますのでチェックしていただきたいと思います。

 

  • ハチ

園内にも、大型のスズメバチを始め、様々なハチが飛来し、また巣作りをするケースもあります。巣などを発見した場合は、レストハウス内管理事務所までご連絡ください。
また、園路を外れてヤブや草地に入り込むと、ハチを刺激して攻撃される場合があるので、お気をつけください。
※黒色によく反応します。特に夏場は危険ですので、白っぽい服装で園内を散策していただけるといいと思います。
※万が一刺された場合は、管理事務所へすぐにご連絡ください。

  • ヘビ

園内にも多くのヘビが見受けられます。園路を外れて水辺の草むらや、ヤブなどに潜んでいる場合があります。アオダイショウなどが一番多く見られますが、時折マムシなども出てきますので、十分ご注意ください。
※万が一かまれた場合は、管理事務所へすぐにご連絡ください。

  • 倒木

台風や、強い風の吹いた翌日には、倒木の危険があります。倒れそうな樹木の付近には近づかないでください。また、一見して倒れそうでない樹木でも、腐っている場合などがありますので、近づかないようにしてください。
※台風や大雪などの悪天候時には、「散策の森ゾーン」「自然観察ゾーン」の立ち入りを制限させていただきます。

 

※第2回更新(平成29年4月及び9月)

ページ上部へ